読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still blank

You're okay, I'm okay!

英語が必ず聞き取れるようになる練習方法~リスニングはこれだ~

 

どうも、なむちゅうです。

先日スピーキングを鍛える方法をお書きしました。

www.namtyu.com

本日は、リスニング編です。

私自身がやったやり方で最も効果のあったものをご紹介します。

 

 

 

WAN先生、英語のリスニング力を鍛える方法を教えて欲しい。結構色んなやり方がネットには載っているけど、結局何がいいのかな?

 

 

自分にあったやり方を見つければいいんだわん。今日は私が留学期間中、そして、留学後も続けてやっているリスニングの学習方法を話そうと思う。

 

 

英語が聞き取れない理由

まずは、現状を分析してみましょう。

そもそもなぜ英語って聞き取れないのでしょうか?

私自身もよく疑問に思った点です。

これを理解しておくと、リスニングの勉強は効率化されます。

 

英語が聞き取れない理由としては、

2つの理由があると思います。

①聞いた英語を頭の中で瞬時に並べることができない

 =巷ではよく、

 「耳が英語に慣れていない~」と言われているやつです。

f:id:namtyu:20170505073155j:plain

②その並べた英語を日本語として即座に処理できない

 =We definitely hang out together!

  こういう風に例文を並べられたとしても、

  一瞬でこの訳が作れない。

  つまりそもそも英語の読解力がないということです。

f:id:namtyu:20170505073418g:plain

よって、英語が聞き取れない人が行うべきトレーニングのゴールは、

 

①聞いた英語を頭の中で並べられるようになる

②英文を早く読めるようになる(速読力)

 

この2点を鍛えると、英語は確実に聞こえてくるようになります。

それでは、それを踏まえた上でリスニングの勉強法をお伝えします。

f:id:namtyu:20170509220149p:plain

リスニングの勉強方法

f:id:namtyu:20170505073818g:plain

対策早見表でも分かるように、

私は大きく3つのやり方でリスニング力を鍛えていました。

>DMM英会話

>海外ドラマを観る

>洋書を読む

 

1つずつ説明していきましょう。

 

DMM英会話

 先日スピーキング勉強法でお伝えした通りで、

 安くて毎日できるオンライン英会話。

 即座に文字化して、即座に英語を処理するので

 これはスピーキングだけでなく、

 当然リスニングの力も大いに付きます。

 理解しないとコミュニケーションになりませんもんね。

 

 安いとは言っても英会話なので、当然お金がかかります。

 まずは無料体験などをやってみて、検討してみてください。

 有名どころの比較は以下のページをご参照ください。

www.namtyu.com

 個人的には、DMM英会話が一番良かったです。

英会話

海外ドラマを観る

ここがリスニング対策の本命パートです。笑

よく海外ドラマを観て、英語を勉強しよう!

などという情報が流れていますが、

イマイチ勉強方法がはっきりしておらず、

本当に成果が出るかのかも分かりません。

 

私のやり方は、結構シンプルなやり方なので、

どなたにもできると思います。

では、流れを説明します。

 大まかに言うと以下の流れになります。

f:id:namtyu:20170505075956g:plain

Step1.好きな海外ドラマを用意する

出来れば観ていて楽しいと感じるものがいいですね。

私は、

SUITS

 ハーバード卒しかいないエリート弁護士事務所で、

 ハーバードも出ていない天才主人公がその事務所で活躍していくというドラマ

 =ビジネスマンとかにおすすめ。

 超かっこいいです。笑

 ストーリー自体もめちゃくちゃ面白い。

 これは妻も好きなドラマでした。

 

 

The O.C

 超お金持ちの家に、

 不良の主人公が引き取られ、その後の生活をドラマにしたもの

 超お金持ちのお嬢さんと不良の恋愛が展開されていきます。

 あぁ、こんな家に住んでみたいなと思いながら、

 ハラハラドキドキするドラマです。

 

プリズンブレイク

 有名ですが、

 兄を刑務所から助け出すというアクションドラマ。

 常にハラハラして英語どころではないかもしれません(笑)

 

 

ドラマについては何でもいいので、

観ていて楽しい!と感じるものにしてください。

極論、ドラマじゃなくて映画でもいいです。

ドラマの方がより日常的な会話やシーンが多く、

比較的都合がいいというだけなので。

 

大事なのは継続させることなので、

観ていて苦じゃない物を選ぶのがお勧めです。

 

ちなみに、DVDを買うと2000円以上しますので、

それよりも色んな映画やドラマが見放題の

アマゾンプライムの方がお得かもしれません。

アマゾンプライムはダウンロードもできますので、

スマホがあなたの映画館になるレベルです。

アマゾンプライム無料体験

アマゾンプライムについては記事の一番最後をご覧ください。

 

 

<ゴール>

好きな海外ドラマ・映画を見つける。

 

step2. そのドラマのシーズン1を日本語で見る

 

え!英語の学習を行うのに日本語で観るの?!どうして?!

 

 

確かにそういう反応になるよね。ならちょっくら説明してみよう。

 

 

まず、日本語で観てください。

目的は、ストーリーを完全に理解してほしいからです。

字幕って結構省略されていたり、

伝えるべきことが抜けていたりします。

文字ベースで翻訳すると字幕が付いていけないので。

 

一方、日本語音声だとやや省略される点もあるものの、

ストーリーに合わせた訳になっており、

ニュアンスとしては字幕より正しいことを言っています

 

簡単に言うと、

字幕だと限られた情報のみ、

音声が日本語だとドラマの内容がよりスッと入ってきやすい

という感じでしょうか。

 

私個人としては、

シーズン1の最初の複数エピソードを日本語で観まくります。

 マイク(SUITSより)が次、

 何というセリフを言うかが言えるくらいまで。笑

 

<ゴール>

台本が頭に入っており、

次どういう場面が流れるかを説明できるくらいドラマを理解する。

 

step3. 英語音声のみで観る

いよいよ英語音声のみで観ます。

前提としては、日本語でストーリーを全て把握しており、

次にマイクが「待って、それ俺の仕事だよね。

とセリフを言うと言えるくらいだとします。

 

この状況で英語のみで観るとめちゃくちゃ面白いです。

へぇ~~!この言い回しそういう風に使うの?!

この感覚が恐らく連発すると思います。

 

日本語で既にストーリーを理解しているので、

あなたの頭は英文を非常に早く処理できるようになっています。

というより覚えているストーリー・セリフを

即座に英語に結び付けているだけなのですが。

 

ただ、このプロセスがこの記事のです。

この、脳に即座に日本語と英語を結びつける

という作業を繰り返すことで、

あなたのリスニング力は大幅に鍛えられます。

あなたの頭で何が起こっているかというと、

これまで早い英語を聞いても、

感覚ベースでしか理解できていなかったものが、

ドラマの彼らが言っていることが頭の中で文章として流れているのです。

英語が文字化できるようになっている。 

 

f:id:namtyu:20170504225930j:plain

このプロセスを何度も繰り返すことによって、

英語を脳内で文章化する

というリスニングにはとても大切な能力が身に付きます。

 

従来英語がなぜ聞き取れないかというと、

記事の冒頭でご説明した通り、大きく2つの理由があります。

①聞いた英語を頭の中で瞬時に並べることができない

②その並べた英語を日本語として即座に処理できない

 

実際は、いちいち聞いた英語を

頭の中で文字化させていません。

しかし、英語を聞いて理解できるということは、

文字化できていて、かつその文字を理解できるということだと思います。

 

なので、まずは頭の中で英語を自然と文字化できるようになりましょう。

 

Step4. シャドーイングする 

シャドーイングとは聞いた英語をスクリプト無しで続けて発音する

というものです。

この練習も聞いた英語を文章化する上でとても有効です。

 

シャドーイングをしようと思うと、

英文をしっかり聞きながら発音をするので、

聞いた英語を脳内で文章化する作業が発生します。

 

やり方としては、

⇒好きなシーンを選ぶ

⇒その場面を繰り返しシャドーイングする

⇒以上

 

とても簡単です。

ポイントは、「役になりきったつもりでセリフを言う」くらいですかね。

恥ずかしいですけど、慣れると結構楽しいですよ。笑

 

以上のプロセスで、

英語を脳内で文章化する訓練はできました。

ここからは、そもそも英語を処理する能力=読解力

を鍛える練習を行っていきます。

 

リーディングの練習を行う(速読練習)

 

WAN先生。僕が今聞きたいのは、リスニングの対策方法ですよ(笑)なぜ、リーディングの練習を行う必要があるんですか?

 

 

まぁまぁ。そう言わんと聞きなさい。リスニングとリーディングは驚くほど関係性が強い。 

 

 

リスニングを鍛えたいのに、

リーディングの練習を行うって確かに変かもしれません。

しかし、以下の説明で納得していただけると思います。

 

この文章をご自身の最速のスピードで黙読してください。

そして、何秒で読み終わるか測ってみてください。

New Zealander Mark Taylor would appear to be an eligible bachelor. He lists some appealing attributes in his online profile on a dating site.
But the warning signs come with the divorced 43-year-old’s current location — the de facto Syrian capital of the Islamic State’s self-styled caliphate, Raqqa.
Taylor, designated a global terrorist by U.S. authorities, is one of several IS fighters in Syria and jihadist sympathizers in Europe and the U.S. using the matchmaking site that enables Muslims from around the world to form friendships and marital connections online.

DMM daily newsより 

これ読み終わるのに何秒かかりましたか?

私も30秒はかかりました。

自身の最大速読スピードの目安がこれで分かりましたね。

例えば、これをニュースで流れたとします。

恐らくこの手の文章量なら30秒もかからずアナウンサーは読み終えるでしょう。

もし、あなたが20秒でこれを黙読できる読解力があるなら、

ニュースは確実に聞き取れます。

しかし、これを60秒以上かけないと読めないというのであれば、

当然、30秒の速さで読まれるこのニュースは

到底聞き取れないと思います。 

 

つまり、あなたが黙読できる最速のスピードが

あなたの聞き取れるリスニングレベルだと思ってください。

この文章を40秒で黙読できたのなら、

あと10秒分、このニュースのナレーターにはキャッチアップできません。

なので、10秒分早く理解できるように訓練する必要があります。

 
なるほど…。確かに読んで1分もかかるのに、それを文字もないリスニングでしかも30秒で流れていくとなると、理解できるはずもないですよね。

 

 
そうそう。だから、速読のトレーニング=リスニング力を付けるという関係性が成り立つんだ。速読トレーニングは実は英語のトレーニングにおいてめちゃくちゃ大事なことだったんだわん。

 

 

 <ゴール>

速読練習を行い、英語を理解できるスピードをあげる。

速読をマスターしよう

速読って先ほどもお伝えした通り、

英語を聞き取るプロセスにおいてもかなり重要です。

なので、速読術はマスターすべきだと思います。

 

ただ、速読とは日々の積み重ねからなるものです。

これを読んだからといってあなたの速読レベルは一切上がりません。

練習してこそ意味があるので、必ずアクションにまでつなげてください。

それではいきましょう。

 

あなたが速読できない理由

まず、そもそもなぜ速読ができないのでしょうか?

理由は大きく3点あると思います。

①再読をしている

=きちんと内容を理解しようと丁寧に何度も繰り返し読んでいる。

 

②不明ワードに思考停止している

=分からない単語があると、ついついその意味を前後の文から読み取ろうとする。

 

③脳内で文章を音声化している

=よく英語を読むときに音声化する人がいますが(口をゴモゴモさせて)

 そのプロセスがワンテンポスピードを落としています。

 文章を読む⇒音声化⇒理解のプロセスではなく、

 文章を読み⇒理解 こういうプロセスで読めていないのです。

 

恐らくこの3点のどれかに当てはまると思います。

これをなくすことによって、

速読力は高まります。

 

なのであるべき姿としては、

①一発で理解できるような適切なスピードで読む

 (速さにこだわりすぎない)

 

②不明ワードが出てきたら、無視する

 (後から調べればいい)

 

③文字のまま理解できるように意識する

 (口をモゴモゴさせたり、脳内で音声化しない)

 

速読のトレーニング方法

<用意するもの>

①自身の英語レベルにあった本or記事

②時計(タイマー付きの)

 

各レベルのおすすめの本

個人的におすすめは、お気に入りの洋書を見つけること。

 

上 級(400~)

リーディングスコアで400点を超えているあなたには、

>ゴシップガール

 

>7つの習慣(原本)

 

中級②(300~)

>ノルウェイの森(原本)

>アルケミスト(原本)

中級①(250~)

>星の王子さま

有名どころで読みやすい本を各レベルに合わせてピックアップしました。

読んでいて楽しい、苦にならない物を選んでください。

 

また、何分で読めるかを見える化するために置時計も用意してください。

ストップウォッチでもいいのですが、

いちいち止めたりスタートさせたりするのが面倒なので、

私は目で確認できるデジタル式置時計にしています。

私はこれを目覚ましと兼用しています。笑

 

具体的な進め方

速読練習はそこまで難しくはありません。

まず、読むページの範囲を決めます。

1ページ300語ぐらいなので、

そのページをマックスのスピードで読んでみてください。

大事なのは、

>速く読むことを目的化しない

 =速く読むが理解できるスピードで読む

 

>分からない単語は無視する

 

>文字を音読したり、脳内で音声化しない

 

この3点を守って、毎日1ページでもいいので読み続けてください。

色々練習方法はあると思いますが、

シンプルに上の3つのことを意識して読む。

これが速読の練習になります。

 

で、鉛筆とかでそのページの下にでも

読むのにかかった時間を書いときます。

内容にもよりますが、2週間ごとにその記録を見直すと、

徐々に読む速度が上がっていることに気が付くはずです。

 

一日1ページ、上記のことを守りながら、

3か月くらい続けると驚くほど速読力が身に付きます。

結果的にリスニングで理解できる範囲が広がり、

より正確なヒアリング力が身に付きます。

是非、試してみてください。

 

このプロセスを経て、

英語そのものを理解するスピードが上がり、

脳内で英文を並べられても理解が追い付かなったものが、

瞬時に英語を訳せるようになっていきます。

 

英語学習にはアマゾンプライム(student)がおすすめ

リスニングを鍛えるうえで、

好きな映画や海外ドラマを観るべきだとお伝えしました。

私が学生の時は、アマゾンなんてそこまで知名度もなく、

ましては動画配信サービスなんてありませんでした。

なので、高いお金を払ってDVDを買って、それを沢山見たものです。

 

アマゾンプライムは、

先ほどおすすめしたSUITSゴシップガールも配信しており、

実は8000本を超える映画をダウンロードできます。

DVDだとスマホやタブレットに落とせませんが、

アマゾンプライムだとWifi環境で映画やドラマをダウンロードし、

電車や移動時間で観ることができます。

f:id:namtyu:20170505114211j:plain

 

f:id:namtyu:20170505114238j:plain

 

後、音楽が好きな方、

アマゾンミュージックも使い放題なので、

100万曲から好きな音楽もダウンロードできます。

 

ついでに、タイムセールにも参加でき、

ついでのついでに、お急ぎ配達も毎回できます。

これで年間3900円月々325円です。

※スタバ一杯分以下です笑

 

ドラマを1シーズン観たら元が取れるくらいですね。

何より、ダウンロードしてスマホとかで観られるのが一番いい。

南米に行くときとかこのお陰で移動が快適になりました。

確か無料体験をやっていると思うので、試してみてください。

アマゾンプライム無料体験

 

 

この記事を読んでいただいて、

皆さんのリスニング力向上に繋がるきっかけになれば幸いです。

 

次回は、留学後の英語勉強方法<ライティング編>をお送りします。

ではでは!

ちゃお^^