Still blank

You're okay, I'm okay!

【留学帰り必見】帰国後のおすすめ英語勉強方法~英語力を失わないためにすべきこと~

スポンサーリンク

f:id:namtyu:20180121142121j:plain

 

英語を話せるようになりたい!こう思って海外に飛び込んだ方も沢山いらっしゃると思います。そして、海外にいた期間一生懸命英語の学習に取り組み、日常会話は何とか話せるようになった位で、帰国時期が来てしまった…。こんな方も多いかと思います。そして、いざ帰国してみると、日本では英語を使う機会が全くない!そして、英語を段々忘れてしまっている!こんな危機感を抱いている人も多いはずです。本日は留学である程度英語をマスターしたけど、日本でどうやって英語力をキープすべきかわからない、そんなあなたにおすすめの学習方法をご紹介していきます。

 

 

確かにせっかく大金を払って挑戦した海外留学。そこで培った英語力は失いたくないワン。どうやって日本でも英語力をキープすべきか、具体的に説明してくれると嬉しいワン。

 

 

 

英語を驚くほど忘れていく

せっかく留学などで英語を取得したはいいものの、帰国後に英語を使う機会がなくなり、英語レベルが落ちていくというのはよくある話です。これは留学に限ったことではありません。私自身も学生時代は独自で英語の練習していましたが、さぼればすぐに英語力が落ちていくという体験をしたことがあります。一般的に英語は一週間使わなかったら、大幅に英語力が落ちると言われています。よって、留学帰りの人も国内で英語を勉強している人も、継続的かつ効果的に英語学習をしていく必要があります。

 

いきなり恐縮ですが、私の英語力を見ていただきたく。

ちなみにハードルを下げておくと、私の海外経歴は半年くらいアメリカに遊びに行っただけ、後は旅行に行きまくっているだけ。基本、自分で地道に英語を勉強してきました。なので、以下の動画は温かい目で見ていただけますと幸いです。笑

英語学習の成果。

いかがだったでしょうか?

発音の悪さ、文法が違う、単語が中学レベル、マスクが意味わからん(笑)、こういうことは大前提ですが、現在も自分が話したいことは全て話せるレベルです。少なくとも留学に行かれた皆様は私くらいの英語力をキープ、あるいは超えたいと思うはずです。

 

それでは早速でありますが、そんな私が独学で行っていた英語学習方法をご説明します。少しでもご参考になれば幸いです。

 

留学後の英語学習方法

洋書を読む習慣を作る

f:id:namtyu:20180127104736j:plain

英語を勉強したい方は洋書を読め!という記事は多分世の中に腐る程あるかと思います。それもそのはず実際、英語学習において洋書を読むということは、とても重要だと私自身も実感しております。「洋書を読む=リーディング力を鍛える」このようなイメージを持たれている方が多いかと思いますが、実はリーディング力を鍛えるためだけではないのです。実は「洋書を読む=リスニング力の鍛える」効果があるのです。

なぜ、洋書を読むことがリスニング力を鍛えることに繋がるのでしょうか?それを理解するには、人がいかに英語を聞き取っているかのメカニズムを理解する必要があります。

英語を聞き取っている脳のメカニズム

f:id:namtyu:20180127113852j:plain

 例えば、ある友人があなたに"We definitely hang out together!"と話しかけたとします。そうすると、頭の中で無意識のうちに"We definitely hang out together"と英文を並べ、それを日本語に訳す、もしくはそれを英語のまま意味を理解しています。なので、少なくとも脳の中で、英文を文字に直しているという作業は誰もが行っていることです。これは日本語英語関係なく、誰もが行っていることです。つまり、英文を理解できる力(読解力)がないと英語は聞き取れるようにならないのです。逆に言うと読解力を鍛えるとあなたのリスニングレベルは飛躍的に向上します。よって、洋書などを活用し、読解力を日々磨く習慣を身に付けてください。洋書のレベルは問いません。あなたが興味のある分野で、あなたにあったレベルの本でいいと思います。とにかく文字を読む訓練をすることが結果的にリーディング力もリスニング力も向上させてくれるはずです。

 

ただ、そもそも脳内で文字に変換できない人もいるかと思います。

※英語を文字に起こせられない人の脳内イメージ

f:id:namtyu:20170505073155j:plain

そういう人は、まずは洋画などを見て、英語を耳にならす作業が必要かもしれません。

 

一方で、留学帰りの皆様は少なくとも聞いた英語を何とか脳内で文字に変換はできるかと思います。ただ、一方で、文字に変換したはいいものの、その文章そのものを理解できず、結果的に相手の言っている意味が理解できないケースはあるかと思います。

 ※文字には起こせるけど単語などの意味が分からない人の脳内

f:id:namtyu:20170505073418g:plain

 そんなあなたは、読解力が足りていないと思われます。なので、好きな洋書を適当に継続的に読んでください。飛躍的に聞き取れる幅が広がります。私自身洋書を読むということに対して少し距離があったのですが、このメカニズムを理解してから、洋書をよく読むようになりました。

おすすめの洋書

f:id:namtyu:20180127114012j:plain

私が学生時代何度も繰り返し読んだ本を参考にご紹介させていただきます。比較的難易度は低くく、かつ読んでいて知識にもなるので非常におすすめです。

ノーベル賞を受賞されたこともある石黒さんの作品のなかでも特に人気が強い本。イギリスの古き良き時代を絶妙な言い回しで英文にまとめられています。ゆっくりじっくり、そして何度も繰り返し読みたくなる本です。石黒さんに興味がない人もこれを機に手に取って欲しいと思うそんな一冊です。

 

こちらはどちらかいうと洋書というより英語の参考書です。これまで日本語で英語の文法とかを勉強されている人が大半かと思いますが、こちらは英語の文法を英語で学ぶというもので日本語では伝わりにくいようなものも英語で絶妙に説明してくれています。このテキストで学習することで、読解力はもちろん英文法の鍛えなおしも行うことができます。留学先でこちらのテキストを使われた方も多いかもしれませんね。私も一からこの本で文法を勉強しなおしました。

 

こちらも個人的にはめちゃくちゃおすすめの本です。村上春樹のノルウェーの森の洋書版。非常に読みやすい内容ですし、表現がより日常チックなので、英文自体もとても参考になる。もし、何を読むべきか迷われている方がいるのであれば、一度読んでいただきたい本になります。英文自体もそこまで難しくないですよ。

 

以上が洋書での勉強についてでした。洋書を通じて読解力を向上させ、リーディング、そしてリスニング力を向上させていきましょう。

続きまして、皆様が最も肌で衰えを感じるであろうスピーキングの勉強方法をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

オンライン英会話で日々練習をする

f:id:namtyu:20180127105834j:plain

 スピーキング向上には、まず話すことが一番大事です。その手段として、オンライン英会話がおすすめです。駅前留学とかいってNO●A等がありますが、費用がめちゃくちゃ高いし、講義も週1回など。そんなので英語が話せるようになるわけがありません。留学に行かれた皆様ならお分かりでしょうが、英語は毎日使うことで徐々に話せるようになります。なので、いかに毎日話せる仕組みを作れるかが重要となります。私は当時学生で駅前留学などをするお金もなく、だけど毎日英語を練習できる場が欲しいと思っていました。外国人の友達を捕まえて練習などもしましたが、会える日会えない日等もあり、毎日継続的にやるのはとても難しかったです。そして何だかんだお互い忙しくて会えない時間もある。そこで、友人から紹介してもらったのがオンライン英会話。毎日30分好きな時間にレッスンを入れて、月々たったの5000円。私にとっては衝撃でした。一回当たりのレッスンが150円以下でできるのです。安くて、好きな時間に、毎日30分英会話ができる、私にとってはとてもありがたいサービスでした。

 

社会人になった現在もこれだけは続けるようにしています。私は色んなオンライン英会話をしてきましたが、講師の質等から今はレアジョブに落ち着いています。興味ある方は、2回無料体験レッスンがあるので、ぜひ一度試してみてください。手続きかなり簡単です。詳細は紹介は以下のリンク先に譲ります。

 

洋画を観る

f:id:namtyu:20180127112508j:plain

こちらは英語学習をしたことがある人なら、洋画を観ることが英語学習にいかに有効かはご存知かと思います。当たり前の話なので読み飛ばしていただいても構いません。

私は留学語も洋画を観ることは常に意識して行っていました。ただ、洋画をじっくり毎日見るなんて時間はなかったので、移動の車の中ではDVDで洋画を流し、電車の移動等ではスマホでアマゾンビデオ等で洋画を観ていました。こういう隙間時間に映画を見ることで数分、数十分という短い時間ですが、常に英語を聞く環境を作ることができ、結果的にリスニング力はあまり落ちなくて済んでいるかと思います。

こちらは私が個人的に好きなドラマです。日常会話が中心でおすすめです。興味がある方はぜひ参考にしてください。

 

まとめると

私の英語力はむしろ留学後に上がった気がします。というのも留学で英語の勉強の仕方、そして英語の基礎を学び、帰国後に何をすべきかが明確になっていたからです。私の場合は毎日多くの時間を英語学習には費やせません。なので、一日30分英会話であったり、洋書を読んだり、移動時間には洋画を流してみたり、そんな工夫で何とか英語と接する環境を作っています。

 

www.youtube.com

この記事を書き終わった後に、この動画を観ました。留学無しで、TOEIC980点、スピーキング力も動画の通り。そして、一番のポイントは、私と同じ勉強法!!!!(ここ大事。笑)出している成果では圧倒的に負けておりますが、やっている方法は間違っていなかったということですね。ぜひ、見てみてください。

 

以下、おさらいです。

①洋書を読む

 ※好きな洋書を選ぶ

②オンライン英会話をする

※無料で2回レッスン体験をしてみる

③洋画を観る

※移動中は好きな映画をスマホで流す

 

この3点に注力して、学習することで少なくとも私くらいの英語力であれば維持できると思います。ではでは、英語学習楽しみましょう。

 

 

 

記事の著者:なむちゅう

大学卒業後、大手総合商社に入社。

2019年3月までに会社を辞め、

妻と共に独立予定。

土日にゆる~~くブログを更新してます。

TOEIC930/TOEFL94/一児のパパ